医誠会病院乳腺外科は、日本で増加しつつある乳がんの検診・診断・治療の専門センターです

乳がん検診

気になる症状を見つけたら、ひとりで悩んだりせず、専門医を受診しましょう。
医誠会病院では、病理細胞による診断が即時にできます。また、CT、MRIなどの画像診断が迅速に実施可能で総合診断が早くできます。

乳がん検診は、医誠会病院健診センターで

乳がん検診は、医誠会病院健診センターで 大阪市の乳がん検診受託医療機関になっております

乳がん検診

視触診

指で触ってみることにより、乳房にしこり(腫瘤)がないか、乳頭に変形や異常分泌液がないか、皮膚に凹凸がないかなど、視診ではわからないさまざまな乳房の状態を調べることができます。

マンモグラフィ

マンモグラフィX線を用いて乳房を撮影する検査で、乳房を圧迫して上下や左右方向から撮影します。 検査は10分程度ですが、乳房を圧迫している時間は数秒から10秒くらいで、圧迫する時に、多少の痛みをともないます。マンモグラフィによる被ばく量は非常に少なく、体に全く影響を与えません。
※当院ではマンモグラフィ検診制度管理中央委員会の認定を受けている女性検査技師がマンモグラフィの撮影を行っています。
読影は日本乳がん検診制度管理中央委員会の認定を受けている医師が行っています。

超音波エコー

超音波エコー乳房に超音波をあてて、乳腺の内部構造を細部まで見ることが出来ます。乳腺濃度が密な若い方も正確に診断が出来ます。身体への侵襲は全くありません。
良性の乳腺症やしこりのようなものから、乳がんまで早期に発見することができます。診察室で検査が行なえ、検査後の制約もありません。

乳がん検査

細胞診

視診や触診、マンモグラフィ検診、超音波検診(エコー)でがんが疑われたり、がんとの判別がむずかしい場合に行う検査です。良性か悪性の判断をします。

組織診(生検)

細胞診において、「鑑別が難しい」・「検体不適正」・「悪性の疑いあり」と結果が出た場合は、乳がんかどうかをはっきりさせるために、組織診を行ないます。当院ではバコラ生検を行っております。

バコラ生検

バイオシステム( バード バコラ バイオプシーシステム
  VACORA Vacuum Assisted Biopsy System )

バコラ生検は、超音波エコーで乳房内のしこりの位置を確認しながら組織を採取する検査で、局所麻酔をして行われます。
普通の針より太い針で組織を採取しますが、傷跡は残りません。
病理検査でより正確な診断ができます。

CT(X線断層撮影)

CT(X線断層撮影)CTでは輪切りの断面図を撮影できる画像を三次元で見ることができるため、乳がんの正確な位置を調べることができます。
腫瘍の広がり、リンパ節腫大、他臓器の転移の確認、術前薬物療法の効果を確認します。

MRI(磁気共鳴映像法)

MRI(磁気共鳴映像法)MRIとはMagnetic Resonance Imagingの略で磁気共鳴映像法といいます。強力な磁石とラジオ波を用いて体内の状態を検査しています。検査中に大きな音がします。
MRI検査では、任意の断面で画像を表示することが出来ます。CT検査などで用いられる造影剤を使用せずに血管を描出することも可能です。放射線を使用していませんので、被曝の心配はありません。
乳がんの良性・悪性の区別や広がりを調べることができます。

PET-CT

PET-CTPET-CTは、PET(陽電子放射断層撮影装置)とCT(コンピュータ断層撮影装置)が合体した装置です。
一度に全身のがんなどを調べることができる検査方法です。
多くのがん(悪性腫瘍)では、糖分が正常な細胞や良性腫瘍より多く使われます。その性質を利用して、ブドウ糖によく似たFDG(フルオロデオキシグルコース)という薬を注射し、がんなどの病変に取り込まれたところでPET-CT装置の特殊なカメラで全身を撮影し、がんがどこにあるのか正確な位置情報・全身の転移を確認します。

image
  • 乳腺外科紹介
  • 乳腺の病気
  • 乳がん
  • 検査・診断
image
ご予約・お問合せは 月~金(9時から5時)電話番号06-6326-1121 医誠会病院へのアクセス ピンクリボンフェスティバル 医誠会病院はピンクリボン運動を応援しています